Blog&column
ブログ・コラム

クロスの掃除方法について

query_builder 2021/10/11
コラム
2
クロスを貼ってから時間が経つと、さまざまな汚れが目立ってきます。
サッと拭くだけで取れる汚れもあれば、どれだけこすっても取れない汚れもあるでしょう。
実は、クロスは汚れの種類に応じて掃除方法を変える必要があるのです。
そこで今回は、汚れの種類別でクロスの掃除方法について解説していきます。

クロスの掃除方法
■油汚れ
油汚れには、重曹が効果的です。
まず重曹を水に溶かしますが、ペースト状になるように水を少なめにしましょう。
そして油汚れが気になる部分に重曹ペーストを塗り、上からラップでパックします。
そのまま10分ほど時間をおいて、最後に水拭きをして完了です。

■手垢
手垢汚れには、重曹を使うのがおすすめです。
まず重曹を水に溶かし、重曹スプレーを作ります。
そして、それを手垢汚れが気になるところに吹きかけて、しばらく放置します。
時間をおいたら水拭きをして、重曹をしっかり取り除きましょう。
これである程度の手垢汚れは落とすことができますが、もし落ちない場合はより洗浄力の高いセスキ炭酸ソーダを使ってみてください。

■カビ
クロスのカビには、重曹スプレーとお酢を使います。
お酢を2倍の水で薄めて、タオルなどでカビを拭き取ります。
その上から重曹スプレーを吹きかけ、しばらく時間をおいて最後に水拭きをすればカビを落とすことができます。

■タバコのヤニ
タバコのヤニは重曹でも落ちますが、塩素系漂白剤でも落とすことができます。
ただし、塩素系漂白剤は壁紙を白くしてしまう可能性があるので、色がついたクロスにはおすすめしません。
まず塩素系漂白剤を5倍の水で薄め、ヤニ汚れが気になるところに吹きかけます。
しばらく時間を置いて、最後に水拭きをすればヤニ汚れを落とすことができます。

▼まとめ
クロスの掃除方法は、汚れの種類によって異なります。
掃除しても汚れが落ちない場合は、張り替えを検討するのも良いでしょう。

NEW

  • 障子をおしゃれにすることはできる?

    query_builder 2022/01/15
  • 障子をアレンジすることはできる?

    query_builder 2022/01/08
  • の枠を塗装することはできる?

    query_builder 2022/01/01
  • の枠の交換方法について解説

    query_builder 2021/12/22

CATEGORY

ARCHIVE