Blog&column
ブログ・コラム

縁の役割と種類について

query_builder 2021/10/20
コラム
5
和室にはがついていることがほとんどですが、長年使っているとさまざまなところに不具合が出てきます。
紙は定期的に張替えている人が多いかもしれませんが、縁はどうでしょうか。
縁は意外と忘れがちですが、定期的に新しくする必要があります。
そこで今回は、縁の役割と種類について解説していきます。

縁の役割
縁とは、の外側を囲っている枠組みのことを指します。
を開閉しやすくするだけでなく、紙の汚れを防いだりの強度を保つ役割があります。
縁は、の開閉によって少しずつダメージを負っているので、定期的に新しいものに交換する必要があります。

縁の種類
■生地
生地縁とは、木の目を残した縁のことを言います。
木らしさがそのまま残っているので温かみがあり、より和室らしさを出すことができます。
現在では、目はじきやスプルースが主流となっています。

■塗り縁
塗り縁とは、縁の材木に塗装を施したものです。
その中でも、「漆縁」は職人が1つずつ手作業で漆を塗っていきます。
かなりの技術が必要なので、限られた職人しか作成できないと言われています。
その漆縁の代用品となるのが、カシュー縁です。
カシューナッツを原料に作られた塗料を使い、漆縁の技法を真似て作成されています。
現在では、漆縁よりもカシュー縁が主流となっています。

▼まとめ
縁には、紙の汚れを防いだりの強度を保つ役割があります。
また、生地縁や塗り縁といった種類があり、それぞれ作成の工程が異なります。

NEW

  • 障子をおしゃれにすることはできる?

    query_builder 2022/01/15
  • 障子をアレンジすることはできる?

    query_builder 2022/01/08
  • の枠を塗装することはできる?

    query_builder 2022/01/01
  • の枠の交換方法について解説

    query_builder 2021/12/22

CATEGORY

ARCHIVE