Blog&column
ブログ・コラム

張替に適した期間について

query_builder 2021/11/17
コラム
13
張替るなら、できるだけ適した時期におこないたいですよね。
では、張替はどの期間にやるのがいいのでしょうか?
そこで今回は、張替に適した期間とかかる期間についてご紹介します。

張替に適した期間
張替は梅雨に行いましょう。
梅雨だと湿気が多いので、一見不向きに思えますが実は向いている時期といわれています。
梅雨におこなう理由が、ふすま紙の性質です。

ふすま紙は湿気があると伸びやすくなるので、張替がしやすくなります。
湿気を吸うと伸びてハリが出て、綺麗に貼れるのです。
梅雨にできない場合は、霧吹きを使って湿気を発生させるのもいいでしょう。

張替にかかる期間
張替は、ふすま紙のタイプと方法によってかかる期間が変わってきます。
のりを使って張り替える場合は、乾かす時間が必要になるので半日から1日はかかると見ておきましょう。
シールタイプで上からふすま紙を貼る場合は、数時間~半日程度です。
のりと違って乾かす時間がないので、比較的スムーズに進められます。
ただ、自身でおこなうなら、慣れていないとさらに時間がかかってしまうでしょう。

▼まとめ
今回は、張替に適した期間とかかる期間についてご紹介しました。
張替は梅雨に行うことがおすすめで、張替にかかる期間は方法によって異なります。
また、当店では張替を承っています。
自身で張替ができなかったり、プロにお願いしたい場合はぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 障子の歴史と現在の種類について

    query_builder 2022/08/01
  • 障子の魅力とは

    query_builder 2022/07/15
  • 障子紙の補修方法について

    query_builder 2022/07/01
  • 障子の「表裏」の考え方について

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE