Blog&column
ブログ・コラム

障子を張り替える時ののりの作り方は?

query_builder 2022/02/01
コラム
25
障子を自分で張り替える際に、必要なのりですが自分で作ることはできるのか気になるところです。
ちょっとした張り替えなら、自分でのりを作って作業を進めたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は障子を張り替える際の、のりの作り方についてご紹介していきます。

障子を張り替える時ののりの作り方
障子を張り替えるためののりは、小麦粉やお米を使って簡単に作ることができます。
小麦粉を使用する際は、小麦粉を水で溶き、お鍋で沸騰させれば出来がりです。
米を使用する際は、炊いたお米に丸一日水分を吸わせておき、お鍋でとろみがつくまで沸騰させて出来上がりです。

▼のりを自分で作る時の注意点
のりを作る際は、水に少しずつ溶かしながら行うのが大切です。
一度に多くの水を入れてしまと粘り気がなくなってしまい失敗することもあるので注意が必要です。
また、お鍋を火にかけている際は、のりが焦げないようにかき混ぜてください。

お米は防カビになると言われている一方で、市販ののりとは違って防腐剤が入っていないのでカビが発生しやすいと言われています。
実際のところは難しいですが、食べ物でのりを作ることに抵抗のある方は市販のものを使うと良いでしょう。
こまめに張り替える人にとっては、家にあるものでのりを作ることができるのは嬉しい限りです。

▼まとめ
今回は、障子を張り替えるときののりの作り方について紹介しました。
障子を貼るのりは、でんぷん質材料を水に溶かしながら温めることで粘りをつけて完成となります。
普段から自分で行わずに不安に思う人がいれば、市販ののりを使用する他、業者に頼むことも可能です。
当社では障子など幅広く対応しておりますので、何かお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 張替について

    query_builder 2022/12/05
  • 張替の依頼について

    query_builder 2022/11/03
  • の表替えについて

    query_builder 2022/10/01
  • 張替の相場について

    query_builder 2022/09/15

CATEGORY

ARCHIVE